美空ひばり、意外な貯金通帳の残高エピソード - 芸能資料館

美空ひばり、意外な貯金通帳の残高エピソード


美空ひばり、意外な貯金通帳の残高エピソード

美空ひばりは、戦時中に父の出征を壮行するために歌った『九段の母』が集まった人々を感動させ、母・加藤喜美枝が彼女の歌唱力から歌手としての才能を見いだしたといわれる。

8歳で初舞台を踏んで以来、40年以上に渡って歌い続けているが、その芸能生活はトップスターとしての地位から落ちたことはなかったと私たちは考える。




ところが、山本信太郎によれば美空ひばりにも「どん底」はあったというのだ。

1973年、暴力団に入って実刑判決を受けた実弟のかとう哲也(本名・加藤益夫)問題の引責で、10年連続で紅組のトリを務めてきた紅白歌合戦への出場を辞退せざるを得ない状況に追い込まれたときがそうだという。

当時、「歌姫」なのだから当然だった「紅白」出場がなぜか見合わされ、美空ひばりサイドでは「卒業」という言葉が使われたものである

「『世間はひばりのことを女王様のようにいい、さぞ裕福な暮らしをしているように思っていますが“お嬢”は苦労しているのよ……』  

といって、喜美枝さんが僕に貯金通帳を開いて見せたのです。そこには400万円前後の残金しかありませんでした。『子供が病気になった時に病院代にだけは困らないようにこれだけは残しているんですよ』」

その頃に静岡で行った美空ひばりコンサートは、悪天候も重なり200人も観客が集まらなかったという。

芸能界とヤクザのつながりは美空ひばりだけではないし、そもそも美空ひばり自身が逮捕されたわけでもないのに、スターであることや実弟が実刑であったことなどから、すっかりマスコミの“的にかけられた”形になったわけだ。

美空ひばりが当時の若い衆だった山本健一を慰問した


美空ひばりといえば、あの山口組芸能部であり後に企業舎弟となった神戸芸能社で育っている。

そのひばりにとって、ヤクザとの関係を否定するのはなかなか悩ましいものがあったのだろう。

その昔、神戸で山口組と谷崎組との抗争があり、当時は田岡一雄組長の直若でもないのに相手の若頭を襲撃し、加古川刑務所に服役した山健こと後の後の山口組・山本健一若頭がいた。

田岡組長は山健の労苦に報いるために、美空ひばりに慰問を依頼。

これまた田岡組長に可愛がられ神戸芸能社に義理があった美空ひばりは、刑務所を慰問して山健を名指しして激励。

山本健一若頭は意気に感じて自分は日本一の子分になろうと決意。

それで田岡組長の直若として盃を直して田岡組長のボディーガードになった。

義理と感謝が三者を巡ったという有名なエピソードである。

今だったら作り話でもあり得ないエピソードだろう。

美空ひばりは、今の「スター」たちのようにマスコミがこしらえた御輿に乗った“誰でも彼でもなれる”存在ではなく、ゼニカネの打算抜きで心意気で歌える真の歌姫だったのかもしれない。(本文中敬称略)

美空ひばりがミニスカートになった日(1972年)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« ひな壇番組の限界がとりざたさ…  |  横山ノックの観測気球は注目さ… »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート