坂上二郎が大切にした「コント55号」の真実(2011,03,10) - 芸能資料館

坂上二郎が大切にした「コント55号」の真実(2011,03,10)


坂上二郎が大切にした「コント55号」の真実
坂上二郎が亡くなったのは、東日本大震災の前日である2011年3月10日。栃木県内の病院で脳梗塞のため死去した。享年76歳だった。

03年10月にゴルフのプレー中に脳血栓の症状を起こして入院。いったんは復帰したものの時間の経過とともに脳梗塞が進行し、昨年8月に再び倒れた。すでに顔から下の手足などほぼ全身が不自由になり、1月に決まっていた舞台の出演もかなわなかった。
生前の本人の話では、俳優としてこれまで多くのドラマに出演し、歌も得意であったにもかかわらず、いちばん印象に残る仕事は萩本欽一とのコント55号時代だという。

2人が出会ったのはフランス座で、当時萩本欽一が21歳、坂上二郎が28歳だった。

50年近くもコンビを続けるぐらいだから、強いシンパシーを感じた初対面ではないかと思いきや、この頃の関係は水と油だった。

萩本欽一はもともとチャップリンを目指してコメディアンになった。

だから、チャップリンの笑いとはなにか、ということをいつも論考しながら「笑いの原則」を大切にした。

「欽ちゃんバンド」で活躍した清水由貴子から、萩本欽一についてこんな「原則」を聞いたことがある。
「大将(萩本)は、あまり注意はしないんです。怒るということもほとんどないですね。ただ、笑いに対しては厳しく、1度だけ、わざと間違えて笑いをとろうとしたのを厳しく怒ったのを見たことがあります。あとは下ネタも禁止で、言うと一口1000円の罰金箱がありました。佐藤B作さんがいちばん罰金が多かったんですけど(笑)」

坂上二郎はどうであったか。

歌手になり損ね、師匠格の阿部昇二と背水の陣でコントをしていた。

はっきりいえば、原則論より結果を大事にしていたのだ。

なんでもいいから笑ってもらおうという考え方だった。

「お客さんが楽しんでくれることがいちばん大事なんじゃないか」

理屈はいいから結果が出ればいい。というより結果を出さなければ自分には跡がない。

だから、下ネタも当たり前のように出して客から笑いをとっていた。

萩本欽一にとって、そして坂上二郎にとって、180度違うお互いが「しゃくにさわる存在」だったわけだ。

だから楽屋では満足に口をきいたことがなった。

その分、舞台ではものすごいエネルギーを発散しあった。

正反対だから個性を活かし合う


萩本欽一と坂上二郎が同じ舞台に立つとき、坂上二郎が引っ込む際に強烈なアドリブを放って、次に出る萩本欽一の出鼻をくじく。

しかし、萩本欽一も負けずにとっさにアドリブ返しをする。

そうなると、文字通り引っ込みのつかなくなった坂上二郎が、もう一度舞台に出てきてアドリブを返す。

またまた負けじと萩本欽一が応酬する。

時間の制約が厳しいテレビではないから、2人のアドリブ合戦はどこまでもエスカレート。客は興奮の坩堝と化す。

かくして、テレビカメラの枠に収まりきらない、あの爆発的な笑いで一世を風靡したコント55号が誕生した。

コント55号のスタイルは、このように意図された調和が望めないからこそうまれた偶然の産物といえる。

ただ、2人がコンビを組むこと自体は必然だったかもしれない。

原則論者の萩本欽一は、自分の描いた笑いを具現してくれるパワフルな相手が欲しかった。

実践派の坂上二郎は逆に、自分を思いっきり引き出してくれるパートナーが欲しかった。

すでに芸の枠組みができあがっていたベテランの阿部に萩本の仕事はできなかった。

坂上二郎がいるから萩本欽一が生き、萩本欽一がいるからこそ坂上二郎が生きた。

坂上二郎がコント55号を大切にするのは、自分を全面開花させるパートナーとの仕事だったからだろう。

ちなみに、コント55号は、萩本欽一がツッコミのような見られているが、実はよく見ると、萩本欽一がボケて、坂上二郎が突っ込む役回りである。しかし、そう見えないのは、従来のボケ・ツッコミの枠を超えたバイタリティが2人にあったからである。

その後、2人を主演とした映画が東宝や松竹で作られたが、いつも主役は萩本欽一だった。

その内容は、ナイーブな萩本欽一と、頼りないけど憎めない坂上二郎というキャラクターだった。

萩本欽一の書生臭さは、俳優として価値があったのかもしれない。

しかし、その後萩本欽一は、司会やバラエティー番組に、坂上二郎はドラマにと、コント55号時代とは案に相違した方向でそれぞれ成功した。 人生なんてわからないものである。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447144883 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート