永野裕紀子の現在、永野裕紀乃、青沼裕紀子として活躍 - 芸能資料館

永野裕紀子の現在、永野裕紀乃、青沼裕紀子として活躍


永野裕紀子の現在
永野裕紀子という女優が、1970年代のドラマ全盛時代に活躍していた。劇団ひまわり出身で童顔、華奢ではあるが、決して子役ではなく成人した女優として活躍していた。突然引退し、そのまま人々の話題からもフェードアウトしていた。
それが、近年、BSやCSで過去のドラマほ放送するようになり、またネットの普及で「あの人は今どうしているか」という情報が飛び交うようになり、では永野裕紀子という女優をご存じですか? 永野裕紀子は今何をしていますか? という話になっている。



永野裕紀子は、Wikiによると、1955年6月27日生まれとなっている。

そして、ホームドラマや時代劇の連続ドラマが全盛だった70年代に活躍した女優だ。

たとえば、キャンディのCM(サクマのチャオ)、『水もれ甲介』、映画では市川崑監督の「悪魔の手毬歌」などに出演。

主役級ではなかったが、健康的で明るい役として、ドラマには欠かせない「一輪の花」のような仕事をしていた。
それが、77年に放送された日本テレビ系の「たんぱぽ」を最後に突然ブラウン管から姿を消し「あの人は今...」のような企画にも一切出ない。

そんな永野裕紀子を、少なくないファンが気にしている。

Yahoo!知恵袋には、永野裕紀子さんは今どうしていますか、という質問が検索するとぞろぞろ出てくる。

懐かしドラマや俳優・タレントに関するWeb掲示板では、永野裕紀子に関する消息を尋ねる書き込みをしばしば見かけるが、私もその一人だ。

永野裕紀子について書かれている、あるブログの記事には、かつての活躍を懐かしみ、消息に関心を寄せる思いが切々と綴られている。

まあ、それだけなら個人ブログにはよくある話だ。

ところが、コメント部分を読んでいくと、意外な展開になっている。

女優時代は決別して新しい人生を歩んでいるのか


何と、記事を見かけた「通りすがり」である永野の小学校の同級生が消息を書いているではないか。

そこから一気に彼女の現在についての「調査報告」コメントが続き、現在は環境問題に取り組む運動家・永野ゆき乃、演出家・ナガノユキノとして活躍していることまでが明らかになっている。

ファンが思いを記事として公表し、それを見た多くの同志の一体になった思いが、そこまでたどり着いたということだろう。

インターネットというのは、なかんずくブログというのはこれほどすばらしいものだったのか。

女優が事業や芸術方面に転向するケースはよく聞く。

しかし、社会運動家として原稿を書き講演を精力的に行い、さらに芝居は演出家として活躍するというのは、「健康的で明るい役」の彼女から見ると、失礼ながら想像だにできなかったことである。

それが事実であるのなら素晴らしいことだ。

永野裕紀子、もとい、永野ゆき乃、またはナガノユキノとして、ノスタルジックな番組や取材に一切登場せず、改名まで行っているということは、昔は振り返らず今を生きているということだろう。

それはそれでいい。一ファンとして、現在の活躍を静かに見守りたい。

なお、Yahoo!知恵袋には、岡本信人と結婚したなどと書いている者もいるが、そのような情報はない。

岡本信人と永野裕紀子は、ともに劇団ひまわりの出身で、交際もあったのかもしれないが、その後結婚はしていないようである。

昭和の名作ライブラリー 第15集 水もれ甲介 HDリマスター DVD-BOX PART 1

昭和の名作ライブラリー 第15集 水もれ甲介 HDリマスター DVD-BOX PART 1

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2013/05/28
  • メディア: DVD

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 上祐史浩氏まで担ぎ出す「清水…  |  野村沙知代さんがバッシングに… »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート