梶芽衣子、恨み節も修羅雪姫も女囚さそりも語る

梶芽衣子、恨み節も修羅雪姫も女囚さそりも語る
梶芽衣子が、『東京スポーツ』(2015年9月29日付)のインタビュー記事に登場した。といっても、現在ではなく、1972年8月17日、当時25歳の頃の再録である。女優生活の始まりである日活を退社し、東映に入ったばかりの頃である。長い髪と大きな瞳の顔写真もしっかり掲載されている。

インタビュー当時の、梶芽衣子の作品といえば、『女囚701号/さそり』(1972年、東映)である。

梶芽衣子が演じたのは、松島ナミ。

冒頭から、松島ナミ、木田由紀子(渡辺やよい)の2人が脱走を試みるシーンから始まっている。

しかし、それは失敗。捕われた2人はイモ虫のように手足を縛られ、懲罰房へ入れられてしまう。



もともと松島ナミ(梶芽衣子)の収監は罠にハマったのである。

麻薬取締りの刑事・杉見次雄(夏八木勲)を恋人と思っていたのに、杉見次雄(夏八木勲)は松島ナミ(梶芽衣子)を麻薬捜査の囮として使い、強姦させ、自分は麻薬を押収。その麻薬をネタに麻薬組織に寝返ったのだからひどすぎる。

そこから、女子刑務所でいろいろありながらも、松島ナミ(梶芽衣子)は結局、復讐を遂げる。

その『女囚701号/さそり』についてのインタビューが、冒頭の『東京スポーツ』(2015年9月29日付)に出ているのである。

『東京スポーツ』(2015年9月29日付)

 日活「野良猫ロックシリーズ」や東映「女囚さそりシリーズ」などで一世を風靡した女優の梶芽衣子。昭和47(1972)年8月17日、郡内でインタビューしたときに撮影した。当時25歳。
 昭和40年、日活に入社し、約60本出演した後、同46年に退社。取材時は東映に入社したばかりで、シリーズ第1作の「女囚701号/さそり」がクランクアップして公開を間近に控えていた。
 自分を裏切った男への復讐に執念を燃やす女囚・松島ナミを熱演。「とにかくこれまでの東映の作品とは全然違うんです。感性が素晴らしく粋。女の子(女囚)が全裸になって行進しても、ポルノなんて感じしないんです」
 この作品で監督デビューした伊藤俊也監督の斬新で迫力のある映像、演出も注目された。
「この作品は迫力が命でしょう。ちょっと踏み外すとエログロになっちゃう題材なんだけど実に見事にまとまっているんです」「監督は東大の美学出身(文学部美学科卒)なのね。だからヌードがわんさか出てきても、全部美学になっている」
 梶が歌った主題歌「恨み節」とともに映画は大ヒットして計4作、製作された。
 その後は東映「仁義なき戦い 広島死闘篇」(昭和48年)、「修羅雪姫シリーズ」(同48、49年)、ブルーリボン賞の主演女優質などを受賞した「曽根崎心中」(同53年)など数々の映画やドラマで活躍していった。

東映には、藤純子(富司純子)の後釜として誘われたのだが、藤純子(富司純子)の任侠モノとは違う自分の世界を作ることが出来たわけである。

女囚さそり 701号怨み節 [レンタル落ち]

女囚さそり 701号怨み節 [レンタル落ち]

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2004/01/09
  • メディア: DVD

コメント

タイトルとURLをコピーしました