上祐史浩氏まで担ぎ出す「清水富美加“出家”」報道の狙いは? - 芸能資料館

上祐史浩氏まで担ぎ出す「清水富美加“出家”」報道の狙いは?


上祐史浩氏まで担ぎ出す「清水富美加“出家”」報道の狙いは?
上祐史浩氏が、またぞろメディアに登場して話題の主となっている。幸福の科学に「出家」したという清水富美加に対し、「かつてオウム真理教に出家した自分も、色々と思うところがあ」ったとコメントしているのだ。しかし、かつて反社会的団体として事件を引き起こしたスポークスマンで、今またその流れをくむ団体の代表を引っ張り出してメディアが光を当てる必要があるのだろうか。



上祐史浩氏が代表を務める光の輪は、上祐史浩氏が、産経デジタル・オピニオンサイト「IRONNA」に投稿したことをツイート。

記事が人気投稿ランキング1位になったことを「大きな反響!」と述べている。

タイトルは、「上祐史浩緊急寄稿・清水富美加が幸福の科学に「プチ出家」した意味」




つまり、光の輪は、投稿を誇っているわけである。

投稿それ自体が、上祐史浩氏を世間に思い出させるだけでなく、こうして光の輪の宣伝ツイートとしても「二次利用」されるのである。

ただし、「大反響」といっても、投稿内容が大絶賛というわけではない。

世間を震撼させたカルト教団のスポークスマンだった人が、その流れをくむ団体の現役代表として、他団体についてコメントしたから注目されただけのことである。

では、具体的にどのよう内容を述べているか。

まず、清水富美加は出家ではなく、幸福の科学への転職であり、「『自分で問題を解決できず、精神的に参ってしまい、教団に保護された』、出家僧というよりは『駆け込み寺に入った信者のよう』としている。

出家の定義について述べ、芸能界から、幸福の科学の広告塔に、出家ではなく転職したというわけだ。

たしかに、これまで使ってきた「在家」「出家」という意味での出家とはいえない使い方である。

だからまあそれはいいとして、その上で、自分たちオウム真理教は、初期仏教的にストイックで真面目「すぎる」のに比べて、幸福の科学はオウムよりも「ゆるい」のが、特徴だなどとしている。

物は言いようである。

信者に「お布施するぞ」と刷り込んで、財産をとりあげることを真面目「すぎる」とはとうてい受け入れられない話だ。

では、「ゆるい」ことがいいかというと、上祐史浩氏は、「ゆるい」幸福の科学も、社会に対して攻撃的な部分があったことも述べている。

これも、ネット民風にいえば「おまゆう」であろう。

何より、この問題はそんなに大げさに騒ぐ必要があろのだろうか。

少なくとも、かつて社会的に犯罪や騒動を多々起こした団体のスポークスマンとして「活躍」、自らも有罪判決を受けた者が、いくら「似たような」団体が取り沙汰されているからと行って、まだメディアがありがたがって、担ぎ出す必要があるのか、ということである。

そもそも、この件は、清水富美加が不倫して出家したという話ばかりで、芸能界や芸能事務所側の問題は何一つ言及されない、うさんくさい騒動である。

もとより、契約上の問題なら、当事者で解決すればいいはず。

かつて、ミッチー・サッチー騒動の続く1999年8月、通信傍受法(盗聴法)、国旗国歌法(日の丸・君が代法)、改正住民基本台帳法などが国民によく知らされないまま次々と成立してしまいましたが、元ワイドショープロデューサーの中筑間卓蔵氏は、「重要法案が審議されるとき、決まったように視聴者の目をそらせる事態が起こるのは不思議」(『しんぶん赤旗日曜版』2003年6月1日付)と指摘しました。

さて、今回はいったい何を隠したいのだろうか。

(008)危険な宗教の見分け方 (ポプラ新書)

(008)危険な宗教の見分け方 (ポプラ新書)

  • 作者: 田原総一朗
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2013/11/05
  • メディア: 新書

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447491400 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート