一色紗英、アイドル“卒業”後はスーパーセレブ生活 - 芸能資料館

一色紗英、アイドル“卒業”後はスーパーセレブ生活


一色紗英、アイドル“卒業”後はスーパーセレブ生活
一色紗英というアイドルがいたのを覚えているだろうか。そういう、あの一色紗英だ。90年代に、宮沢りえの後釜で「三井のリハウス」や「ポカリスエット」のCMに出演。ちょっと顔は大きいが日本人好みのルックスで一世を風靡した一色紗英だ。



年月の経過とともにアイドルからは卒業せざるを得なくなったが、今はスーパーセレブ生活を送っている、と報じているのは「東京スポーツ」(2013年6月16日付)だ。

一色紗英は現在、ロスアンゼルスに在住。2002年に、5年間の交際を経て元モデルで実業家のサーフェン智氏と結婚したからだ。その後、3人の子供を出産。翌年に移住した。すでにテレビなどにも出演して自ら述べているが、高級住宅地のピバリーヒルズで一軒家を構え、自然に囲まれながらの生活を満喫しているというのだ。

アイドルと言ってチヤホヤされるのも数年。その後は新たな生き方を見つけなければならない。元アイドルの全員がその後も華やかな暮らしをしているわけではない。そんな中で、彼女は勝ち組と言えるのではないか。

一色紗英がそうなれた理由の一つは、99年に立ち上げ、一色紗英がディレクターを務めるファッションブランド「archi」からの高額なギャラだといいます。「東京スポーツ」(2013年6月16日付)にはこう書かれている。

「もともと旦那さんがお金持ちというのもありますが、『archi』は伊勢丹をはじめ全国のデパートやセレクトショップで扱われ、高級志向の女性に受けているんです」(ファッション関係者)

シャツ1枚が2万円とかなり高額なブランドだが「生産数も少なく希少価値が高いので店頭に置くとすぐに完売。一色さんには価格の30%ほどのマージンが入り、在庫も抱えないので相当儲かっているそうです」(同関係者)。

在庫を抱えないビジネスは強い。今は、仕事がある時だけ日本に戻る余裕綽々の生活だという。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 麻美ゆまの経済効果が話題にな…  |  壇蜜、仕事のえり好みは“終わ… »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート