長門裕之が南田洋子の認知症を公開したが……

長門裕之が南田洋子の認知症を公開したが……
長門裕之が南田洋子の認知症と、自分の介護姿をテレビ番組で公開したことに対して、「芸能界の一部から非難の声が上がっている」(「東京スポーツ」2009年4月30日付)という記事がある。みなさんはどう思われるだろうか。今回はこのことについて書いてみたい。

たしかに、今週号の『週刊大衆』では、里見浩太朗の舞台を、そのことが原因で長門裕之が降板したという見出しの記事が出ている。

里見浩太朗が座長を務める公演に、出演予定だった長門裕之に“NO!”を突きつけたというのだ。

記事の後半では関係者のコメントでそれを否定しているが、舞台の降板と、里見浩太朗と長門裕之がその件で話し合いを持ったことは事実というから、見出しとしては間違っていない。

また、Web掲示板などを見ても、たしかにそういった意見はある。

だが、そうだろうか、という気もしないでもない。

まず、南田洋子のことを「あんな変わり果てた姿をテレビで… 」というが、それがたとえ善意のものであったとしても、認知症の人に対して失礼である。

南田洋子を含めて、認知症の人々はグロ画像ではない。

テレビで映して悪いという言い方はないだろう。

そのような意見が出るのは、そもそも認知症を汚い病気として世間がとらえているからだ。

たしかに、女優としての南田洋子を見た者は、現在の姿を見ればショックをうけるかもしれない。

筆者も4年前、『いい旅夢気分』での南田洋子を見ていたから、そのときも「ああ、年取ったな」とは思ったが、現在との違いには戸惑いをもったことは確かだ。

しかし、それは人間の「老い」と認知症の現実なのである。

むしろ、そのような自分が戸惑うほどの現実を知ったことで、いわば「将来の自分にとっての予行練習」になったと思っている。

長門裕之がゼニ目的だからけしからん、という批判をする人もいる。

日本人は、カネのために動くことを汚いとする価値観があるから批判としてはありがちなことだ。

しかし、この世の行為に、「カネ目的」でないことがどれだけあるのだろうか?

そして、カネ目的だと何が悪いのだろうか?

介護というのは、カネもかかるし、精神的にも大変な消耗をする。

長門裕之がその金の出所として、南田洋子を「さらし者」にしたとして、誰が責められよう。

芸能人仲間が、過去は南田に対してイイ夫ではなかったのに、今さら介護する立派な夫を演出することが気にくわないとする指摘もある。

しかし、いい夫であろうがなかろうが、ずっと連れ添ってきたのは事実だし、そもそもそれは、現在介護をしているという事実を消せる訳ではないだろう。

南田洋子は昔、ある番組で、「長門裕之を信用しておりません」などと爆弾発言したことがある。(長門裕之が暴露本を出す前のこと)

長門裕之のヤンチャぶりに腹を立て、つい公共の電波でホンネの一端を明かしたのかもしれない。

とにかく今、一人では何もできなくなった自分を介護してくれているのだから、南田洋子だって今さら長門裕之を信用するもしないもないだろう。

不満があったって、離婚しなかったのだから、しない責任は南田洋子にある。

いずれにしても、第三者がエラソーに夫婦や夫としてのあり方を論評するようなものではない。

長門裕之はカメラが回っているときだけの介護で、普段はヘルパーにまる投げなのだろう、と決めつける意見もある。

まるなげをしていたら、いくらカメラが回ったからと言って急に介護はできない。

長門裕之は、今も俳優業の看板を下ろした訳ではないから仕事で家を留守にすることはある。

だから、全ての時間を介護にあてているわけではないだろう。

しかし、重篤な病人が1人いるというだけで、その家族は心配であり、悲しみがあり、とにかく心が安まらないものである。

70歳を過ぎ、子供もいない長門裕之には、心身共に辛い生活であると察する。

介護の現実を社会に訴えることで、長門自身の精神の正常さ保ってるところもあるのではないだろうか。

誰だって苦しい時には弱音ぐらい吐き出したい。

そして、それは、同じような立場や心境の人たちには、貴重なメッセージにもなるのだ。

たしかに、カネのため……かもしれない。

少なくとも、金にはなる。

ただ、その一方で社会的公益性(アナウンス効果)もある。

だから、長門裕之を批判する必要もないし、それは酷というものである。
待ってくれ、洋子 -
待ってくれ、洋子 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました