西川史子、もういいよ、ご苦労さん

西川史子、もういいよ、ご苦労さん
女医でタレントの西川史子婚約が報じられている。正直言って、筆者は西川のヘビ顔から発する暴言が生理的に耐えられなかった。「格闘技だから、教育するとかって意味では、暴力(容認)ではないけど“しごき”っていうのは必要だと思うんですね」「(“しごき”の加減は)亡くなってみないとわからないじゃないですか」

命を預かる医師を名乗っている彼女が、時津風部屋の事件で発したコメントだ。

コメンテーターの全員が一律に“正しい発言”をすることに違和感がある人にとって、西川史子のキャラはさぞかし面白く頼もしい存在だったろう。

しかし、西川史子が本当に医師免許を持っているのなら、他のことならともかく今回の発言だけはまずいのではないか。

医師の治療はその判断次第で結果として患者を死亡させることだってある。

にもかかわらず、「亡くなってみないとわからないじゃないですか」などと公共の電波で「医師」が暢気にコメントする光景は、「未知の治療なら人が死んでも仕方ない」といわんばかりの医療倫理観が窺え筆者には戦慄がはしった。

こんな倫理観を医療現場に「広めて」いかれては困るし、どんな病気になっても、西川史子にだけは診てもらいたくない。

高須基仁氏もいうように、テレビに出ても虚実ないまぜの発言が許される立場とそうでない立場がある。

テレビ・コメンテーターの本職はさまざまだが、言論自体が商売であり、言った者勝ち、書いた者勝ちのジャーナリストやタレントと、医師、政治家、弁護士などは自ずと立場が異なるのではないか。

後者は「虚」は要らない。というより許されないと思う。少なくとも、医師の人命に関するコメントには「実」しかあり得ないだろう。

こんな人命軽視のヘビ顔をありがたがってきたテレビ局も視聴者もどうかしている。

タレントは、これを機会に寿退職してほしいものだ。
西川史子のだれにも教えたくない美容クリニックガイド~美女がこっそりやってる劇的アンチエイジングテク (主婦の友αブックス) -
西川史子のだれにも教えたくない美容クリニックガイド~美女がこっそりやってる劇的アンチエイジングテク (主婦の友αブックス) –

コメント

タイトルとURLをコピーしました