「SEXは300回/年」の青木裕子が岡村仁美と一触即発?


「年に300回以上はSEXしています」「同じ人に100回近く告白し続けたことがあります」という発言でお馴染みの女子アナ・青木裕子。最近は「サンデー・ジャポン」のロケ先で、中尾彬に「結婚したい人がいる」と涙を流して告白し、話題となった。相変わらず話題に事欠かない。

しかも、その「話題」というのが、いつも男性の話というのがすごい。

「東京スポーツ」(3月4日付)では、同期入社の岡村仁美が熱いバトルを仕掛けているという。

まあ、なにはともあれ、新聞から引用しよう。

 TBSが局の顔として満を持して投入する同局人気ナンバーワンのアイドル“青木”アナは、3月末からのオンエアを前に顔つなぎとして、すでにスポーツの現場取材をこなしている。
「バラエティー色の強い青木ですが、本来は報道志望。スポーツコーナーとはいえ、ニュース番組への起用ですから、相当やる気を見せていましたよ」(TBS関係者)と言うくらいで、取材にも力が入るはずだ。
 だが、その大抜擢そのものが「局内で反感を買うのでは」と早くから予想されていた。そして案の定、場外バトルが起きたのだ。
 青木アナがあるスポーツの取材現場で同期入社の岡村アナと一緒になった。「現場スタッフは板挟みに遭って相当、因ってましたよ」と制作会社関係者は語る。

岡村仁美アナは、入社早々、TBSのスポーツアナに抜てきされ、現在も「報道特集刊NEXT」などで活躍している。

ということは、「スポーツは私」という自負が当然あるわけだ。



そこに、バラエティをやってきた青木裕子が入ってきた。

岡村仁美は面白くない。

「2人は同期入社なんですが、局内でも犬猿の仲で有名。何がきっかけかは分からないですが、入社早々からそうみたい。必要がなければ顔も合わせないくらいで、相手の悪口を何度聞いたことか。岡村は青木のキャピキャピしたところが気に食わないようですし、青木は岡村のお堅いところが嫌いなんでしょうね」と前出のTBS関係者。

取材現場で青木裕子アナがちゃらちゃらしているかどうかはわからないが、彼女が同僚女子アナとの関係がよろしくないのは有名で、彼女の不倫騒動のリークは同期の2人の女子アナという話もある。

お互い堂々と無視しあうかと思えば、こそこそした嫌がらせをしあったりもあるらしい。

人気の点で、青木裕子アナが圧倒してるので、岡村仁美アナとしては東大出のプライドが許せないのかもしれない。

毀誉褒貶いろいろあるだろうが、青木裕子の存在感や話題性局内では相変わらずピカイチのようだ。

青木裕子は、ご存知のように、その後、矢部浩之と結婚して2人の男の子に恵まれた。

アナ職は、TBSを退社してレプロエンタテインメントに所属している。

岡村仁美は、現在もTBSのアナウンサーであり、報道局記者でもある。

2014年に、学生時代の友人と結婚し、翌2015年4月から報道局社会部記者兼務となる。

それぞれの人生を歩んでいるわけだが、今(2017年)はどんな気持ちなのだろうか。
母、妻、ときどき青木裕子 -
母、妻、ときどき青木裕子 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました