酒井法子と結婚した高相祐一の捜査によって誰が困るのか?

酒井法子と結婚した高相祐一の捜査によって誰が困るのか?
酒井法子の夫で覚せい剤取締法違反で執行猶予中の高相祐一が今月、都内で覚せい剤らしき白い袋を購入している姿が、15日発売の写真週刊誌『フラッシュ』で報じられた。「東京スポーツ」(3月16日付)では、「やはり、この男に“反省”の2文字はなかったのか?」と一面で報じている。

ずいぶんとシビアで深刻な記事である。

『フラッシュ』によると、今月10日、青山の駐車場で高相が売人の男と接触し、覚せい剤らしき白い袋を購入する一連の現場が写真付きで報じられている。

もし、覚せい剤だとすれば、執行猶予4年の判決が出てから僅か4か月足らずでの“再犯”となる。

「東京スポーツ」では、「まず注目されるのは酒井への波及」と指摘する。

酒井は昨年10月、自身の公判内で「夫にすすめられて手を出した」と覚せい剤におぼれる経緯を説明。現在も高相氏がクスリを断ち切れていないとなれば、当然今回もその影響は懸念される。
 これまで本紙も報じて来たように酒井サイドは芸能界復帰に向けて高相氏との離婚を絶対条件に挙げている。酒井の代理人が高相氏と接触を試みているが「1対1での話し合いなら酒井を懐柔し離婚をやめるよう説得できる」ともくろむ高相氏は、「酒井本人以外とは会う気はない」と交渉を拒絶。結果的に離婚届に捺印していない。つまり今も法的には夫婦だ。これが酒井の芸能界復帰を困難にしている。

だが、高相再逮捕に至れば離婚は確実だろうと同紙はみる。

お馴染みの板倉宏日大名誉教授によれば、「再逮捕となれば、実刑4年がついて、執行猶予も取り消されるでしょう。当然、現在高相氏がいくら協議には応じなかったとしても、家裁(家庭裁判所)は婚姻を継続するのは困難とみなしますので、代理人が申し立てをすれば調停で離婚が成立します」と指摘している。

ただ、その一方で高相逮捕は、再び芸能界薬物汚染にメスが入る可能性もあるので、身に覚えのある有名人はまた枕を高くして眠れないというが、まあ、そちらは「身に覚えのある有名人」の自業自得だ。

高相祐一は、2009年に覚せい剤取締法違反の罪で懲役2年、執行猶予4年の判決を受けていたが、

結局、2012年にも東京都港区の自宅で麻薬を含む液体約11.7ミリリットルを所持した疑いで、警視庁に逮捕された。

さらに、2016年11月には、危険ドラッグを所持していたとして、警視庁組織犯罪対策5課に、医薬品医療機器法(旧薬事法)違反の疑いで逮捕されている。

高相祐一は1968年、東京都で老舗スキーショップの御曹子として生まれ、青山の豪邸で幼少期、学生時代を過ごし、何不自由なく暮らしていた。

当時からサーフィンの腕前は10代の少年ならぬ凄腕であり、雑誌にも掲載されるほど注目を集めていた。

高校も、偏差値60以上の生徒が入るところに合格している。

高相祐一自身、スキー&スノーボードショップ「COREW SIDE」を経営し、プロサーファーを自称していた。

物質的に不自由のない暮らしであった高相祐一が、なぜ薬物への転落をしたのだろうか。
酒井法子 ベストヒット BHST-189-SS - 酒井法子
酒井法子 ベストヒット BHST-189-SS – 酒井法子

コメント

タイトルとURLをコピーしました