名古屋うどんを『でら打ち』で食べよう!【品川区・旗の台】



グルメ雑誌などで何度も紹介されている名古屋うどんの店、「でら打ち」にやってきた。
「でら」とは名古屋弁で「どえらい」を意味する言葉だそうで、直訳すると「すごく(旨い)手打ち麺」ということになるらしい。

謙遜を美徳とする我が国にあって、そうした店名を名乗るということは麺によほどの自信があるのだろうと、食べてみることにしたのだ。

東急大井町線・池上線「旗の台」駅から歩くこと2分。車一台がやっと通れる路地に面した店の前には品書きが貼ってあり、中に入る前にメニューと値段が確認できるようになっている。

きつねうどん700円、釜揚げうどん650円、鍋焼きうどん1000円、おろしうどん600円などのほかに、温かいうどんと冷たいうどんのセットメニューもある。面白いことに、温かいうどんは全部カレーうどんである。この店ではカレーうどんの人気が高いのだろう。

限定10食の味噌煮込みうどん1000円もそそられるが、人気メニューも捨てがたい。しかし、麺本来のうまさを味わうのなら、やはりぶっかけが一番だろう。ということで、悩んだ末に”ころセットハーフ”800円を注文することにした。

これはころうどんとカレーうどんを半分ずつセットにしたもの。ころうどんとは、メニューによれば「ぶっかけの基本です」とあるので、ごくシンプルな冷やしかけうどんと考えてよいだろう。

店内はカウンター十数席のみのこじんまりしたつくり。席につくなり冷たいお茶と冷や奴が出てきた。さらにランチタイムはご飯またはいなり寿司(1個)を無料サービスという。

ラーメンライスはよく食べるが、うどんライスはどうしたものかと思い、ここはいなり寿司を注文。目の前にはカレーうどん、ころうどん、いなり寿司、冷や奴が並ぶことになった。結構なボリュームである。

まずはころうどんを一口。冷やしうどんに特製醤油だれと薬味をかけただけのシンプルなうどんだ。ここの麺は澱粉を一切使用せず、小麦粉だけで作られたものだとか。コシがあって半玉でも食べ応えがある。食感は滑らかとは言い難いが、その分たれがよく麺にからむ。たれはかなり色が濃いめだが、味はそれほど塩辛くはない。店のお勧め通り、カウンターに常備されているすりごまをかけてもイケる。麺のうまさを堪能したい人にお勧めのうどんと言えよう。

次にカレーうどんを食べてみる。人気メニューだけあって、カウンターには紙エプロンがおいてある。飛び散るカレーのしずくで服を汚さないようにという店側の配慮だ。味噌煮込みうどんの客にも必須のアイテムである。

遠慮なくエプロンを使わせてもらい、カレーのたっぷりかかったうどんを口に入れる。カレーの味はするけれど全然辛くないなあと思っていたら、後味にちょっとだけピリッとした辛みが残る。麺はころうどんほどコシはなく、柔らかい食感がクリーミーなカレーによく合っている。具になにやら平べったいものが入っていると思ったら油揚げだった。あとは出汁のために入れているとしか思えない極薄の豚肉と長ねぎ。このカレーはうどんに対して多めなので、いなり寿司ではなくご飯を頼んで、残ったカレーと一緒に食べてもいいかもしれない。

東京で本格名古屋うどんが食べられるとあって、そこそこ有名な店らしいが、料金はリーズナブル。店主もおごったところがなく、気軽に入れるうどん屋だ。ちなみに酒のつまみも充実。一杯やったあと名古屋うどんで締めという楽しみ方もできる。

◆でら打ち
東京都品川区旗の台2丁目7-3
03-3787-0591

コメント

タイトルとURLをコピーしました