ブイヨンとコンソメの違いはだしとスープの違い


最近のラーメンは、「だし」と「スープ」、双方の独自性をセールスポイントにしていますが、だしとスープの違いって何でしょうか。

混ぜてしまえば、ひとつの味になるのに、どうしてそれぞれのパーツに別れるのでしょうか。

一口で言えば、それらは基本的な味付けと全体としての味づけ、という違いでしょうか。

「東京スポーツ」(2009年6月5日付)には、「だし」の話が書かれています。

具体的には、ブイヨンコンソメフォンの違いです。

ブイヨンとは、フランス料理で使われるだし全般のこと。たんにブイヨンといった場合は、鶏ガラでとった「ブイヨン・ド・ヴォライユ」を指します。

コンソメはスープのこと。つまり、ブイヨン⊂コンソメということです。

では、フォンとは何でしょうか。

ブイヨンは煮込むときに使うだしですが、フォンはソースを作る時に使うだしだそうです。

ここまでは知りませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました