小松方正

懐かし映画

『絞死刑』で大島渚監督が表現した1968年の死刑制度と在日観

『絞死刑』(1968年、日本ATG)というのは、先ごろ亡くなった大島渚監督がメガホンをとった絞首刑を舞台にした映画である。 大島渚監督というと、『愛のコリーダ』や『戦場のメリークリスマス』ばかりが取り沙汰される。80年台以降の人にとって...
タイトルとURLをコピーしました